IC早特タイプ21 新幹線 早割





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

IC早特タイプ21

IC早特タイプ21は、3週間前のまでの予約で東海道新幹線や山陽新幹線「のぞみ号」がお得になる早割サービスです。

 

21日前までの予約となりますので、早割の中でも少々早めの準備が必要となりますが、ある程度先の予定が決まっている場合にはおすすめです。

 

IC早特タイプ21を利用するには、エクスプレス会員の登録が必要で、事前に手続きをする必要があります。

 

まずはエクスプレス予約のホームページから、「JR東海エクスプレス・カード」または「JR西日本J-WESTカード」を選んでクレジットカードの申し込みをします。

 

IC早特タイプ21,新幹線

 

その後、最短5営業日でクレジットカードが送られてきて、それから2〜3週間後にきっぷの代わりになる「ICカード」が送られてきます。

 

この「ICカード」を利用すればきっぷ無しで、IC早特タイプ21を利用して新幹線に乗車することができます。

 

「ICカード」が到着する前に利用したい場合は、通常の切符で乗車することができますので、まずはクレジットカードの申し込みをしておきましょう。

 

そして、クレジットカードが到着したら、会員登録をする必要があります。

 

会員登録が終わると、新幹線の予約ができるようになります。

 

申込をしてから新幹線の割引が利用できるまでには少し時間がかかりますので、早めに登録をしておくといいでしょう。

 

IC早特タイプ21,新幹線

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

IC早特タイプ21の特徴

 

IC早特タイプ21は、東海道新幹線及び山陽新幹線「のぞみ号」の普通車指定席を21日前の23:30までに予約することで、お得に利用できる早割サービスです。

 

ただし、条件などがありますので、詳細についてご説明しましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

IC早特タイプ21料金について

 

では、通常料金との比較をしてみましょう。

 

IC早割タイプ21は「のぞみ号」の普通車指定席を利用することが条件となります。

 

乗車券と特急券の一体型のきっぷです。

 

東京〜新大阪間の例

例えば、東京〜新大阪の区間で新幹線を利用した場合、通常料金は14,450円です。

 

それが、IC早特タイプ21利用だと11,000円となります。

 

その差、3,450円もお得になります。

 

IC早特タイプ21,新幹線

 

名古屋〜博多の例

次に、名古屋〜博多で新幹線を利用した場合、通常料金18,540円です。

 

それを、IC早特タイプ21を利用した場合では、13,000円となります。

 

その差は5,540円となります。

 

IC早特タイプ21,新幹線

 

 

IC早特タイプ21の主な利用条件

 

乗車駅を6:00〜6:59か、あるいは11:00〜15:59の時間帯に出発する「のぞみ号」の普通車指定席に限ります。

 

平日・土日祝日も利用可能です。

 

利用期間の新幹線の運行状況などは、事前にWEBサイトでご確認ください。

 

IC早特タイプ21,新幹線

 

 

予約の変更などについて

 

予約変更時点で21日以上先の乗車日に変更する場合、再度この条件を満たせば手数料無料で何度でも変更が可能です。

 

ただし、20日以内となる乗車日の列車に変更する場合は、別の商品の適用となり差額が必要となりますので、注意が必要です。

スポンサードリンク

 






IC早特タイプ21 | 新幹線「早割切符」ご利用情報関連ページ

ひかり・こだま自由席早特きっぷ
ひかり・こだま自由席早特きっぷは、その名の通り、新幹線ひかり号またはこだま号の自由席早(名古屋〜大阪の区間)で利用できる東海道新幹線の早割り切符です。1カ月前時から7日前までに購入すれば25%の割引きが適用されます。
こだま早特往復きっぷ
こだま早特往復きっぷは、新幹線こだま号(普通車指定席)で新大阪から博多間を往復する際に利用できる山陽新幹線の早割切符です。
東京往復スーパー早特きっぷ
東京往復スーパー早特きっぷは、新幹線のぞみで山陽新幹線(岡山〜新山口)の各駅から東京・横浜間の往復に利用できる便利でお得な「早割り」切符です。
J-WEST 早特往復きっぷ
山陽新幹線のJ-WEST 早特往復きっぷは、J-WESTカード会員専用の割引きっぷで、大阪・博多・長崎等の適用区間の往復で16〜42%の割引が適用されます。
ひかり早特きっぷ
ひかり早特きっぷは、東海道・山陽新幹線「ひかり」の指定席(普通車)限定で、片道専用の割引切符です。ご利用の1カ月前から7日前までに予約することで10%以上の割引が適用されますので、新幹線を大変お得に利用することができます。
EX-IC早特
EX-IC早特は、乗車の3日までの予約で、東海道・山陽新幹線のぞみ・ひかり・こだま(列車・区間・席数限定)がお得な料金で利用できる「EX-ICカード」会員限定の早割サービスです。
のぞみ早特往復きっぷ
のぞみ早特往復きっぷは、行きと帰りをお好きな新幹線のぞみ号(普通車指定席)を利用して往復できる非常にお得な「早割型」の往復切符です。
スーパー早特きっぷ
山陽新幹線のスーパー早特きっぷは、J-WESTネット予約限定の早割きっぷです。乗車日の1カ月前から14日前までに予約することで最大35%の割引が適用になります。但しご利用にあたりましてはいくつかの条件や制約などがありますのでご注意ください。
早特往復きっぷ
九州新幹線の「限定!さくら早特往復きっぷ」が、4月から新たに「早特往復きっぷ」としてリニューアルしました。購入期間や利用できる列車等が拡大され、より便利にご利用いただけるようになりました。
九州ネット早特7
九州ネット早特7(セブン)は、JR九州インターネット予約サービス会員を対象に、7日前までの予約で九州新幹線が割引き料金で乗車できるお得なきっぷです。博多〜熊本間なら通常料金の約半額になり、片道だけの切符なので利用しやすく便利でお得です。
自由席用早特往復きっぷ
東海道・山陽新幹線「新幹線自由席用早得往復きっぷ」は、これまでの「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」の制限を取り払い、ひかりとこだまに「のぞみ」を加えた、新幹線の普通車自由席が利用できる往復切符としてリニューアルされました。
JR西日本の「e早特」
JR西日本の「e早特」は、ネットで予約する便利でお得な早割きっぷです。予約は乗車日の1ヶ月前〜3日前までとなっています。
お先にトクだ値
お先にトクだ値は、出発の13日前にまでに申込み・購入することにより新幹線が大幅な割引き料金で利用することができます。JR東日本の「早割きっぷ」とも言うべきお得なチケットですが、ご利用条件など注意すべき点について、事前にご確認されることをおすすめします。
新幹線自由席用早特往復きっぷ
新幹線自由席用早特往復きっぷは、東海道新幹線で名古屋〜大阪の区間を乗車する際に大幅割引き料金で利用できる往復の早割りチケットです。事前購入や往復の有効期間等に制限がありますが上手に利用すれば東海道新幹線がかなりお得な料金で利用できます。
e早特
e早特は、JR西日本のJ-WESTカードやJR九州のJQカード会員向けの早割りきっぷです。割引きの条件は乗車日の3日前までに切符を予約すれば適用されますので、大変お得で使い易いのが特徴です。
北陸新幹線の早割
北陸新幹線に乗るなら、早めに予約することで料金が割引になる早割きっぷのご利用がおすすめです。
スーパーモバトク
スーパーモバトクは、JR東日本のモバイルSuica会員向けの便利でお得なチケットレスの早割きっぷです。北海道新幹線をはじめ、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線でご利用いただけます。
北海道新幹線の早割
北海道新幹線をお得な料金で利用するなら「モバトク」と「スーパーモバトク」の早割りきっぷがおすすめです。
大阪・神戸早特往復きっぷ
早割と往復割引の2つの要素が合わさった、JR九州の「大阪・神戸早特往復きっぷ」(九州新幹線・山陽新幹線)のご案内です。
EXファミリー早特
EXファミリー早特は、東海道新幹線・山陽新幹線を土・日、祝日に利用(2人以上)して旅行に出かける際に料金がお得になる、家族やグループ旅行におすすめの新幹線早割きっぷです。
一緒にこだま早特
一緒にこだま早特は、2名以上・3日前までに予約することで、東海道新幹線「こだま号」がお得になる、エクスプレス予約・プラスEX会員向けの早割サービスです。
区間別の早割・早得
新幹線の用区間別に利用できる早割・早得きっぷ及び、他の割引料金や各種サービスとの比較などについてご案内します。






商品券販売センター






スポンサードリンク