ひかり・こだま指定席回数券のご利用ガイド





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

ひかり・こだま指定席回数券

東海道新幹線や山陽新幹線のひかり・こだまの普通車指定席を利用する場合、6枚つづりの「ひかり・こだま指定席回数券」が便利でお得です。

 

回数券の設定区間は、東京都区内〜静岡、東京都区内〜浜松、そして東京都区内〜米原の3区間です。

 

 

有効期限は3カ月ですから、ビジネスマンの出張などにはもちろん、3人グループの旅行ですと往復の回数券が一度の旅行で使い切ることができるので便利です。

 

女性の「3人旅」などにはこの回数券は便利かつお得にご利用いただけます。

 

 

ひかり・こだま指定席回数券で利用できる新幹線は「ひかり」と「こだま」のみで、「のぞみ」には利用できません。

 

「のぞみ」を利用する場合は「のぞみ指定席回数券」が必要になりますのでご注意ください。

 

 

そして、子ども料金の設定はありませんから、お子様の場合は通常価格で利用したほうがお得です。

 

販売は、回数券の出発地周辺の主なJR駅やJTBなどの主な旅行会社にて行っています。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ひかり・こだまグリーン回数券について

 

新幹線「ひかり」や「こだま」のグリーン車を利用したい方は、「ひかり・こだまグリーン回数券」をご利用ください。

 

ひかり・こだまグリーン回数券も6枚綴りで販売されています。

 

但し設定区間が「ひかり・こだま指定席回数券」とは異なりますので注意が必要です。

 

「ひかり・こだまグリーン回数券」の設定区間は、東京山手線内〜小田原、東京都区内〜熱海、東京都区内〜静岡、東京都区内〜浜松の4区間です。

 

ひかり・こだま指定席回数券と同様に、子供料金の設定はありません。

 

 

 

ひかり・こだま指定席回数券 ご利用の注意

 

東海道新幹線(山陽新幹線)の「ひかり・こだま指定席回数券」をご利用の際には、いくつか注意点があります。

 

以下の点に注意してご利用ください。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

途中下車ができません

 

回数券に書いてある出発〜到着地の途中の駅で下車することはできません。

 

また、乗車区間の変更はできません。

 

 

利用できない期間があります

 

「ひかり・こだま指定席回数券」と「ひかり・こだまグリーン回数券」には利用できない期間があります。

 

4/27〜5/6、8/11〜20、12/28〜1/6の期間、つまりゴールデンウィークとお盆、そして年末年始の期間の利用はできません。

 

 

他の割引との併用は不可

 

他の割引きっぷ等と併用して使用することはできません。

 

新幹線にはいくつかの割引サービスがありますので、「のぞみ指定席回数券」よりもお得な割引きっぷなどがあればそちらをご利用ください。

 

 

乗車前に指定席の予約が必要

 

乗車前に発売窓口や指定席券売機で指定席を予約しておく必要があります。

 

なお、指定席券売機を利用する場合は、券面の記載区間以外の指定席を予約できない場合があります。

 

 

指定列車の変更について

 

指定列車の変更は、指定列車の出発前であれば何度でも可能です。

 

変更を希望される場合は、回数券を発売している窓口で変更の手続きを行ってください。

 

 

払い戻しなどについて

 

全券片未使用(発売時に表紙券があるばあいにはそれも含む)かつ有効期限内に限り、取扱い箇所にて可能です。

 

一度でも利用した場合には払い戻しはできませんのでご注意ください。

 

また、その際には所定の手数料がかかります。

 

 

新幹線の回数券ご利用ガイド

スポンサードリンク

 






ひかり・こだま指定席回数券 | 東海道新幹線の回数券関連ページ

こだま号専用グリーン回数券
こだま専用グリーン回数券は、普通車指定席の通常期運賃に、1枚当たり500円足した金額でグリーン車にグレードアップできる、4枚つづりの回数券です。東海道・山陽新幹線「こだま」のグリーン車をお得に利用したい方におすすめです。
のぞみ指定席回数券
のぞみ指定席回数券は、東海道新幹線「のぞみ」・「ひかり」・「こだま」の普通車指定席がお得に利用できる6枚綴りの回数券です。
新幹線回数券20
東海道新幹線の「新幹線回数券20」はその名の通り20枚つづりで販売されている回数券です。有効期間は3か月間ですので、利用区間を頻繁に利用されるビジネスマンやグループ旅行などに便利でお得です。






商品券販売センター






スポンサードリンク