北陸観光フリーきっぷで新幹線が便利&お得





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

北陸観光フリーきっぷで新幹線がお得

北陸観光フリーきっぷを上手に活用すれば、新幹線や特急が便利でお得に利用することができます。

 

北陸観光フリーきっぷは、名古屋・浜松・静岡から北陸方面へ行く旅行に、大変お得なきっぷです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

名古屋・浜松・静岡から北陸エリアまでの往復のきっぷと、北陸フリー区間で何度でも自由に乗り降りできるきっぷがセットになっています。

 

有効期間は4日間ですから、たっぷり観光したいという人におすすめのきっぷです。

 

往復のきっぷでは新幹線及び特急「ワイドビューひだ」と特急「しらさぎ」の普通車指定席が利用でき、フリー区間では北陸新幹線・特急列車・普通列車の普通車自由席に利用できるという内容です。

 

ただし、往復乗車券で特急「ワイドビューひだ」と特急「しらさぎ」が乗車できるのですが、往路で「ワイドビューひだ」を利用した場合は復路では「しらさぎ」を利用しなければならず、どちらも同じ特急を利用することはできませんので、注意が必要です。

 

また、特急「ワイドビューひだ」の普通車指定席を利用する場合、下呂・高山・飛騨古川で途中下車した場合は、乗り継ぎの列車も普通車指定席を利用することができます。

 

さらに、特急「しらさぎ」を利用する場合、名古屋・浜松・静岡〜米原間は新幹線「ひかり」「こだま」の普通車指定席も利用することができます。

 

ただし、特急「しらさぎ」で名古屋〜フリー区間の駅まで指定席を確保した場合は、名古屋〜米原間は新幹線を利用できませんのでご注意ください。

 

その他にも細かな注意点がありますが、料金は大変お得です。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

例えば、名古屋から富山に行く場合、行きは「ワイドビューひだ」で行き、帰りは金沢から名古屋まで「しらさぎ」に乗るとします。

 

行きの「ワイドビューひだ」では4,750円かかり、帰りの「しらさぎ」では4,430円かかりますので、往復の特急だけで9,180円がかかります。

 

これにフリー区間で乗り降りし放題が4日間もついています。

 

フリー区間には金沢や和倉温泉、黒部など、観光名所が盛りだくさんですから、通常通り乗り降りしながら観光したのでは電車賃だけでかなりかかってしまいます。

 

それが、全て込みで大人15,930円ですから格安です。

 

他にも、下呂や高山などでも途中下車ができますので、満足できる旅行になること間違いありません。

 

次の旅行には北陸観光フリーきっぷを利用して、観光が盛りだくさんの欲張り旅行はいかがでしょうか。

 

新幹線が利用できるフリーきっぷの各種情報

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

スポンサードリンク

 






北陸観光フリーきっぷ | 新幹線に乗れるフリーパス(フリーきっぷ)関連ページ

仙台週末フリー乗車券
仙台週末フリー乗車券と新幹線を組み合わせて利用すれば、北東北や仙台のフリーエリアでの「ぶらり旅」を存分に楽しむことができます。
週末パス
週末パスで新幹線を上手に利用すれば、2日間の期限を有効に活用し、自由な旅を楽しむことができます。
首都圏週末フリー乗車券
東北・上信越方面から土日に新幹線で東京へ旅をするなら、首都圏週末フリー乗車券が便利でお得です。
富士山フリーきっぷ
富士山フリーきっぷは、東海・近畿エリアからフリーエリアまでの往復は新幹線普通車自由席が利用できて、さらにエリア内の電車やバス、ロープウェイや船などが乗り放題になる大変お得なきっぷです。
たびきっぷ
たびきっぷは、名古屋から岡山・広島・山口・四国の4つのフリーエリアまでの往復(新幹線も利用可)と、フリー区間内の乗り降りが自由なきっぷがセットになった、便利でお得なきっぷです。
阪神往復フリーきっぷ
阪神往復フリーきっぷは、四国エリアから大阪・神戸地区までの往復と指定席特急券、大阪等フリーエリアきっぷがセットになった往復割引きっぷです。
北陸フリーきっぷ
大人の休日倶楽部会員限定「北陸フリーきっぷ」はJR東日本で発売されている大変お得なきっぷです。






商品券販売センター






スポンサードリンク