北陸新幹線 早割 予約





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

北陸新幹線の早割きっぷがお得

北陸新幹線の早割きっぷは、インターネット予約サービス「e5489」を利用することで購入することができます。

 

このインターネット予約サービス「e5489」は、JR西日本のネット予約サービスなのですが、北陸新幹線の「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」のきっぷも予約することができます。

 

そして「e5489」で北陸新幹線の予約をすると、お得な料金の「eきっぷ」「WEB早特1」「e早特1」を購入することができるのです。

 

「eきっぷ」は当日まで購入可能で、年中お得な料金で北陸新幹線に乗ることができます。

 

そして、「WEB早特1」や「e早特」は、前日までに購入することでさらにお得な料金になります。

 

ただし、この早割サービスを利用するにはJ-WESTネット会員であることやJ-WESTカード会員であることなど、条件がありますので事前に確認が必要です。

 

最も割引率の高いものは「e早特1」の約15%で、次に「WEB早特1」の約10%、そして最も割引率の低いのが「eきっぷ」です。

 

割引率でみると「e早特1」は最もお得ですが、前日までの予約のため突然の旅行には利用できないなどの不便さもあります。

 

逆に「eきっぷ」は割引率は低いものの、当日の旅行にも利用できるなど手軽さはあります。

 

北陸新幹線は平成27年3月14日から開業し、首都圏から金沢までを最速で2時間半程度で移動できるため、日帰り旅行としても大変人気があります。

 

北陸新幹線の予約は、ぜひ、便利な「e5489」でお得な早割を利用しましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

北陸新幹線のWEB早特1

 

北陸新幹線「WEB早特1」は、乗車日の1ヵ月前から前日23時までに予約をするとお得になるきっぷです。

 

普通車指定席の販売となっており、区間や列車・座席数は限定ですので、まずは自分が利用する列車が対象になっているか調べてみましょう。

 

また、この「WEB早割」を利用するには、J-WESTネット会員でクレジットカードを持っていることが必要です。

 

J-WESTネット会員になると北陸新幹線だけでなく、山陽・九州新幹線やJR西日本・JR四国・JR九州エリアの特急列車などがインターネットで予約できたり、会員でしか手に入れることのできないJR西日本オリジナルツールがダウンロードできたりします。

 

そして、「WEB早特1」の料金は、通常料金よりも約10%もお安くなります。

 

例えば、東京都区内〜金沢の場合、通常料金14,120円のところ、「WEB早特1」を利用した場合では12,700円になります。

 

早めの予約で10%もお得になるのですから、ぜひ北陸新幹線をご利用の際には「WEB早特1」をおすすめします。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

 

北陸新幹線のe早特1

 

北陸新幹線の「e早特1」は、乗車日の1ヶ月前から前日の23時までにJR西日本インターネット予約サービス「e5489」で予約をすると約15%もお安くなる早割きっぷです。

 

普通車指定席の販売で、取り扱っている列車・座席・区間など通常のきっぷと販売条件が異なりますので、「e5489」にてご確認ください。

 

この「e早特1」を利用するには、あらかじめJ-WESTカードの会員でなければなりません。

 

J-WESTカードのご加入は「JRおでかけネット」から簡単にできますので、おすすめです。

 

J-WESTカードは数種類あり、年会費が無料のものと有料のものがあり、それによって利用できる範囲が異なりますので、よく確認してご加入ください。

 

J-WESTカードを持っていれば、新幹線の予約はもちろん、宿泊やレジャーなどが割引になったりしますのでお得です。

 

「e早特1」は、通常料金よりも15%もお得になります。

 

例えば、東京都区内〜金沢の区間の場合、通常料金では14,120円のところ、12,130円と大変お安くなっています。

 

ただし、ネット予約後は変更ができませんので注意が必要です。

 

 

 

 

主な区間の割引料金

 

主な区間の料金ですが、北陸〜首都圏エリアと北陸〜関西エリアでは早割の割引サービス内容が異なります。

 

北陸〜首都圏エリアでは「eきっぷ」「WEB早特1」「e早特1」が利用でき、北陸〜関西エリアでは「eきっぷ」「WEB早特1」は同じですが、「e早特1」の代わりに「e早特」が利用できます。

 

料金を比較すると、最もお得なのは通常料金よりも約15%割引になる「e早特1」です。

 

そして、最も割引率の低いのが「eきっぷ」です。

 

ただし、「eきっぷ」は当日でも購入できますので、いつでも購入できる手軽さが特徴です。

 

また、北陸〜関西エリアの「e早特」は、J-WESTカード会員限定ですからカード会員へ登録が必要ですが、3日前までの予約・購入でグリーン車がお得に利用できますので、ビジネスや一人旅などの方におすすめです。

 

 

北陸−首都圏エリア

 

北陸〜首都圏エリアの主な区間の料金ですが、「eきっぷ」「WEB早特1」「e早特1」の3種類の料金で比較してみましょう。

 

例えば、人気のある下記の3路線を比較します。

 

東京都区内〜金沢
  • 通常料金:14,120円
  • eきっぷ:13,480円
  • WEB早特1:12,700円
  • e早特1:12,130円

 

東京都区内〜富山
  • 通常料金:12,730円
  • eきっぷ:12,090円
  • WEB早特:11,450円
  • e早特1:10,880円

 

東京都区内〜福井

通常料金:16,050円
eきっぷ:15,150円
WEB早特:14,520円
e早特1:13,640円

 

もっともお得なのは「e早特1」の15%割引ですが、前日までの予約でJ-WESTカード会員でなければなりません。

 

逆に「eきっぷ」はそれほどのお得感はないものの、当日まで購入することができますので、急な旅行でも通常よりお得に利用できて便利です。

 

それぞれご自分に合ったものを利用するのが最もおすすめです。

 

 

北陸−関西エリア

 

北陸〜関西エリアの主な料金ですが、「eきっぷ」「WEB早特1」「e早特」の3種類の料金で比較してみましょう。

 

例えば、人気のある下記の2路線を比較します。

 

大阪市内〜富山
  • 通常料金:9,430円
  • eきっぷ:8,640円
  • WEB早特1:7,810円
  • e早特:10,700円

 

大阪市内〜新高岡
  • 通常料金:9,210円
  • eきっぷ:8,420円
  • WEB早特1:7,260円
  • e早特:10,480円

 

「e早特」のみ、グリーン車料金となっているため高い表示となっていますが、どの路線もグリーン車で比較すると3,000円以上もお得になっています。

 

3日前までに予約ができて、新幹線の中では誰にも邪魔されずのんびり過ごしたいという方には「e早特」はおすすめです。

 

 

新幹線「早割切符」ご利用情報

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

スポンサードリンク

 






北陸新幹線の早割きっぷ | 新幹線「早割切符」ご利用情報関連ページ

ひかり・こだま自由席早特きっぷ
ひかり・こだま自由席早特きっぷは、その名の通り、新幹線ひかり号またはこだま号の自由席早(名古屋〜大阪の区間)で利用できる東海道新幹線の早割り切符です。1カ月前時から7日前までに購入すれば25%の割引きが適用されます。
こだま早特往復きっぷ
こだま早特往復きっぷは、新幹線こだま号(普通車指定席)で新大阪から博多間を往復する際に利用できる山陽新幹線の早割切符です。
東京往復スーパー早特きっぷ
東京往復スーパー早特きっぷは、新幹線のぞみで山陽新幹線(岡山〜新山口)の各駅から東京・横浜間の往復に利用できる便利でお得な「早割り」切符です。
J-WEST 早特往復きっぷ
山陽新幹線のJ-WEST 早特往復きっぷは、J-WESTカード会員専用の割引きっぷで、大阪・博多・長崎等の適用区間の往復で16〜42%の割引が適用されます。
ひかり早特きっぷ
ひかり早特きっぷは、東海道・山陽新幹線「ひかり」の指定席(普通車)限定で、片道専用の割引切符です。ご利用の1カ月前から7日前までに予約することで10%以上の割引が適用されますので、新幹線を大変お得に利用することができます。
EX-IC早特
EX-IC早特は、乗車の3日までの予約で、東海道・山陽新幹線のぞみ・ひかり・こだま(列車・区間・席数限定)がお得な料金で利用できる「EX-ICカード」会員限定の早割サービスです。
のぞみ早特往復きっぷ
のぞみ早特往復きっぷは、行きと帰りをお好きな新幹線のぞみ号(普通車指定席)を利用して往復できる非常にお得な「早割型」の往復切符です。
スーパー早特きっぷ
山陽新幹線のスーパー早特きっぷは、J-WESTネット予約限定の早割きっぷです。乗車日の1カ月前から14日前までに予約することで最大35%の割引が適用になります。但しご利用にあたりましてはいくつかの条件や制約などがありますのでご注意ください。
早特往復きっぷ
九州新幹線の「限定!さくら早特往復きっぷ」が、4月から新たに「早特往復きっぷ」としてリニューアルしました。購入期間や利用できる列車等が拡大され、より便利にご利用いただけるようになりました。
九州ネット早特7
九州ネット早特7(セブン)は、JR九州インターネット予約サービス会員を対象に、7日前までの予約で九州新幹線が割引き料金で乗車できるお得なきっぷです。博多〜熊本間なら通常料金の約半額になり、片道だけの切符なので利用しやすく便利でお得です。
自由席用早特往復きっぷ
東海道・山陽新幹線「新幹線自由席用早得往復きっぷ」は、これまでの「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」の制限を取り払い、ひかりとこだまに「のぞみ」を加えた、新幹線の普通車自由席が利用できる往復切符としてリニューアルされました。
JR西日本の「e早特」
JR西日本の「e早特」は、ネットで予約する便利でお得な早割きっぷです。予約は乗車日の1ヶ月前〜3日前までとなっています。
お先にトクだ値
お先にトクだ値は、出発の13日前にまでに申込み・購入することにより新幹線が大幅な割引き料金で利用することができます。JR東日本の「早割きっぷ」とも言うべきお得なチケットですが、ご利用条件など注意すべき点について、事前にご確認されることをおすすめします。
新幹線自由席用早特往復きっぷ
新幹線自由席用早特往復きっぷは、東海道新幹線で名古屋〜大阪の区間を乗車する際に大幅割引き料金で利用できる往復の早割りチケットです。事前購入や往復の有効期間等に制限がありますが上手に利用すれば東海道新幹線がかなりお得な料金で利用できます。
e早特
e早特は、JR西日本のJ-WESTカードやJR九州のJQカード会員向けの早割りきっぷです。割引きの条件は乗車日の3日前までに切符を予約すれば適用されますので、大変お得で使い易いのが特徴です。
スーパーモバトク
スーパーモバトクは、JR東日本のモバイルSuica会員向けの便利でお得なチケットレスの早割きっぷです。北海道新幹線をはじめ、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線でご利用いただけます。
北海道新幹線の早割
北海道新幹線をお得な料金で利用するなら「モバトク」と「スーパーモバトク」の早割りきっぷがおすすめです。
大阪・神戸早特往復きっぷ
早割と往復割引の2つの要素が合わさった、JR九州の「大阪・神戸早特往復きっぷ」(九州新幹線・山陽新幹線)のご案内です。
IC早特タイプ21
IC早特タイプ21は、東海道新幹線及び山陽新幹線「のぞみ号」を21日前までに予約(時間帯等の条件あり)することで大変お得に利用できる早割サービスです。
EXファミリー早特
EXファミリー早特は、東海道新幹線・山陽新幹線を土・日、祝日に利用(2人以上)して旅行に出かける際に料金がお得になる、家族やグループ旅行におすすめの新幹線早割きっぷです。
一緒にこだま早特
一緒にこだま早特は、2名以上・3日前までに予約することで、東海道新幹線「こだま号」がお得になる、エクスプレス予約・プラスEX会員向けの早割サービスです。
区間別の早割・早得
新幹線の用区間別に利用できる早割・早得きっぷ及び、他の割引料金や各種サービスとの比較などについてご案内します。






商品券販売センター






スポンサードリンク