新幹線 スーパーモバトク 早割り





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

モバトクとスーパーモバトク

モバトク及びスーパーモバトクとは、JR東日本のチケットレスサービス「モバイルSuica」によるお得な早割きっぷです。

 

「モバイルSuica」による新幹線の予約は、「モバイルSuica特急券(通称:モバトク)」と、それよりもさらにお得な値段で新幹線が利用できる「スーパーモバイルSuica特急券(通称:スーパーモバトク)」の2種類があります。

 

「モバトク」では特に区間の設定はありませんが、「スーパーモバトク」には一部の区間・列車の設定があるため、利用したい区間が利用できるかどうか確認が必要です。

 

そして、「モバトク」と「スーパーモバトク」は通常の早割きっぷとは形態が少し異なります。

 

モバトクとスーパーモバトクは、パソコンや携帯電話を使って「モバイルSuica」の専用WEBサイトから新幹線のチケットを購入します。

 

WEBサイトから購入することで紙のチケットを受け取る必要がありません。

 

そのため携帯端末のみで新幹線に乗ることができるという、面倒なことを省いたサービスなのです。

 

モバトクとスーパーモバトクは、北海道新幹線をはじめ、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線で利用できます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

まずは「モバイルSuica」会員登録が必要

 

「モバトク」や「スーパーモバトク」を利用するには、先ずは「モバイルSuica」の会員登録をしておく必要があります。

 

スーパーモバトク,早割り

 

登録は携帯端末から、「モバイルSuica」のアプリにアクセスしてパスワードやクレジットカード番号などを入力し、画面に沿って手続きをするだけで簡単にできます。

 

「モバイルSuica」会員は、もちろん年会費などは無料です。

 

予め登録だけでもしておくといつでも使えて便利です。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

 

スーパーモバトクご利用の流れ

 

購入方法は携帯端末から可能で、「モバトク」は乗車1ヶ月前の10時から発車時刻の6分前まで、「スーパーモバトク」は利用前日の23:40までが購入可能となっています。

 

また、「モバトク」では通常の予約に先立ち、乗車日の1ヶ月前発売日よりもさらに1週間前(同曜日)から乗車日1ヶ月前までの間で事前予約をすることができますので、年末年始などの予約が取りにくい時期には大変有利になります。

 

スーパーモバトク,早割り

 

購入したチケットの利用方法ですが、利用する際には携帯端末での受取り操作が必要になります。

 

受取りの仕組みは、新幹線の予約が確定しチケットが取れたとなると、まずそのチケットがモバイルSuicaのサーバーに入ります。

 

そしてサーバーから携帯端末に送る操作をして、チケットを受取るというわけです。

 

この操作は5時〜翌日の0時50分の間に可能ですので、乗車前に必ず行っておきましょう。

 

また、複数のチケットを購入している場合でも、携帯電話に送られるチケットは1枚のみとなります。

 

もし、間違えてチケットを携帯端末に送ってしまっても、それをセンターに戻して、正しいチケットを受取ることもできますのでご安心ください。

 

 

 

 

モバトクは早割きっぷなのに変更可能

 

モバトクと一般的な早割きっぷとの大きな違いは、予約後の変更ができるというところです。

 

早割の多くの場合は、予約後に新幹線の変更をすることができません。

 

ところが、モバトクで購入した早割りきっぷは、初回購入日から3ヶ月以内でしたら手数料なしで何度でも変更することができます。

 

そのため、特に予定の変更が予想される場合などは、普通の早割りよりもモバトクを利用する方が安心です。

 

また、モバトクは未使用の場合に限り払い戻しもできます。

 

「モバトク」では1枚につき310円の手数料がかかり、「スーパーモバトク」の場合は区間により手数料が異なりますのでご注意ください。

 

スーパーモバトク,早割り

 

 

モバトクは便利で料金もお得

 

「モバトク」や「スーパーモバトク」は、料金が大変お得です。

 

例えば、東京〜仙台を利用した場合、通常のきっぷを購入すると10,890円かかります。

 

これが、「モバトク」では9,970円、「スーパーモバトク」では8,960円と格安となっています。

 

携帯端末からいつでもどこでも新幹線のチケットを購入ができる、「モバトク」と「スーパーモバトク」は新幹線利用者には大変お得で便利なサービスです。

 

北海道新幹線をはじめ、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線をご利用の際には、ぜひご利用してください。

 

 

新幹線「早割切符」ご利用情報

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

スポンサードリンク

 






スーパーモバトク | 新幹線「早割切符」ご利用情報関連ページ

ひかり・こだま自由席早特きっぷ
ひかり・こだま自由席早特きっぷは、その名の通り、新幹線ひかり号またはこだま号の自由席早(名古屋〜大阪の区間)で利用できる東海道新幹線の早割り切符です。1カ月前時から7日前までに購入すれば25%の割引きが適用されます。
こだま早特往復きっぷ
こだま早特往復きっぷは、新幹線こだま号(普通車指定席)で新大阪から博多間を往復する際に利用できる山陽新幹線の早割切符です。
東京往復スーパー早特きっぷ
東京往復スーパー早特きっぷは、新幹線のぞみで山陽新幹線(岡山〜新山口)の各駅から東京・横浜間の往復に利用できる便利でお得な「早割り」切符です。
J-WEST 早特往復きっぷ
山陽新幹線のJ-WEST 早特往復きっぷは、J-WESTカード会員専用の割引きっぷで、大阪・博多・長崎等の適用区間の往復で16〜42%の割引が適用されます。
ひかり早特きっぷ
ひかり早特きっぷは、東海道・山陽新幹線「ひかり」の指定席(普通車)限定で、片道専用の割引切符です。ご利用の1カ月前から7日前までに予約することで10%以上の割引が適用されますので、新幹線を大変お得に利用することができます。
EX-IC早特
EX-IC早特は、乗車の3日までの予約で、東海道・山陽新幹線のぞみ・ひかり・こだま(列車・区間・席数限定)がお得な料金で利用できる「EX-ICカード」会員限定の早割サービスです。
のぞみ早特往復きっぷ
のぞみ早特往復きっぷは、行きと帰りをお好きな新幹線のぞみ号(普通車指定席)を利用して往復できる非常にお得な「早割型」の往復切符です。
スーパー早特きっぷ
山陽新幹線のスーパー早特きっぷは、J-WESTネット予約限定の早割きっぷです。乗車日の1カ月前から14日前までに予約することで最大35%の割引が適用になります。但しご利用にあたりましてはいくつかの条件や制約などがありますのでご注意ください。
早特往復きっぷ
九州新幹線の「限定!さくら早特往復きっぷ」が、4月から新たに「早特往復きっぷ」としてリニューアルしました。購入期間や利用できる列車等が拡大され、より便利にご利用いただけるようになりました。
九州ネット早特7
九州ネット早特7(セブン)は、JR九州インターネット予約サービス会員を対象に、7日前までの予約で九州新幹線が割引き料金で乗車できるお得なきっぷです。博多〜熊本間なら通常料金の約半額になり、片道だけの切符なので利用しやすく便利でお得です。
自由席用早特往復きっぷ
東海道・山陽新幹線「新幹線自由席用早得往復きっぷ」は、これまでの「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」の制限を取り払い、ひかりとこだまに「のぞみ」を加えた、新幹線の普通車自由席が利用できる往復切符としてリニューアルされました。
JR西日本の「e早特」
JR西日本の「e早特」は、ネットで予約する便利でお得な早割きっぷです。予約は乗車日の1ヶ月前〜3日前までとなっています。
お先にトクだ値
お先にトクだ値は、出発の13日前にまでに申込み・購入することにより新幹線が大幅な割引き料金で利用することができます。JR東日本の「早割きっぷ」とも言うべきお得なチケットですが、ご利用条件など注意すべき点について、事前にご確認されることをおすすめします。
新幹線自由席用早特往復きっぷ
新幹線自由席用早特往復きっぷは、東海道新幹線で名古屋〜大阪の区間を乗車する際に大幅割引き料金で利用できる往復の早割りチケットです。事前購入や往復の有効期間等に制限がありますが上手に利用すれば東海道新幹線がかなりお得な料金で利用できます。
e早特
e早特は、JR西日本のJ-WESTカードやJR九州のJQカード会員向けの早割りきっぷです。割引きの条件は乗車日の3日前までに切符を予約すれば適用されますので、大変お得で使い易いのが特徴です。
北陸新幹線の早割
北陸新幹線に乗るなら、早めに予約することで料金が割引になる早割きっぷのご利用がおすすめです。
北海道新幹線の早割
北海道新幹線をお得な料金で利用するなら「モバトク」と「スーパーモバトク」の早割りきっぷがおすすめです。
大阪・神戸早特往復きっぷ
早割と往復割引の2つの要素が合わさった、JR九州の「大阪・神戸早特往復きっぷ」(九州新幹線・山陽新幹線)のご案内です。
IC早特タイプ21
IC早特タイプ21は、東海道新幹線及び山陽新幹線「のぞみ号」を21日前までに予約(時間帯等の条件あり)することで大変お得に利用できる早割サービスです。
EXファミリー早特
EXファミリー早特は、東海道新幹線・山陽新幹線を土・日、祝日に利用(2人以上)して旅行に出かける際に料金がお得になる、家族やグループ旅行におすすめの新幹線早割きっぷです。
一緒にこだま早特
一緒にこだま早特は、2名以上・3日前までに予約することで、東海道新幹線「こだま号」がお得になる、エクスプレス予約・プラスEX会員向けの早割サービスです。
区間別の早割・早得
新幹線の用区間別に利用できる早割・早得きっぷ及び、他の割引料金や各種サービスとの比較などについてご案内します。






商品券販売センター






スポンサードリンク