JR 東北新幹線 週末パス





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

JR東北新幹線で土日の旅がお得になる「週末パス」

東北新幹線で土日に、仙台・山形や東京方面にお出かけするなら、「週末パス」がおすすめです。

 

週末パスは、JR東北新幹線等で仙台・山形から東京までの区間を週末に利用する場合に、割引き料金で利用できます。

 

この週末パスをJR東北新幹線で利用する場合は、新幹線特急券を別に購入する必要がありますが、東京都区内のJR各線に自由に乗降できますので、東京都内を移動される場合などは便利でお得です。

 

つまり乗り放題になりますので、首都圏内のフリーエリア内のJR線においては、その都度切符を買う必要がありません。

 

この週末パス一枚で山手線や中央線、東海道線(東海道新幹線は対象外)及び会津鉄道線を始め、13の鉄道会社線の普通車自由席が乗り降り自由の乗り放題になります。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

週末パスの主な特徴と注意点

 

東北新幹線で週末パスを利用する場合、土休日の2日間に限り、東京から仙台・山形等の区間を割引き料金でおトクに乗車できます。

 

但し、週末パスの対象は普通車自由席が乗り放題となっていますので、東北新幹線に乗車するためには特急券を別途購入する必要があります。

 

また、東京から東北方面に用事がない方、もしくは新幹線に乗車予定のない方でも首都圏・山手線などのJR線内においての乗り降りも自由となるため、大変お得なきっぷになります。

 

東北新幹線,週末パス

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

週末パスの子供料金はさらに安い

 

週末パスの料金は大人8,730円で、子供が2,560円となっています。

 

とりわけ子供料金の設定が安いので、別途料金を払って東北新幹線を利用しても割安感があります。

 

東北新幹線に乗って家族で東京へ出かけるなら、便利でお得な週末パスのご利用がおすすめです。

 

 

週末パスの購入は前日まで

 

週末パスは、利用日当日の購入はできず、利用したい日の前日までの販売となりますのでご注意ください。

 

※乗車したい日の1か月前から前日までの販売になっています。

 

 

週末パスは繁忙時期は利用不可

 

週末パスは、ゴールデンウィークやお盆・年末年始の期間は利用できません。

 

利用不可日の詳細は、JR東日本WEBサイトでご確認ください。

 

 

週末パスの乗車予定変更

 

週末パスの乗車予定日が変更になった場合は、未使用の場合に限り、変更を希望する乗車日の前日までに1回限り変更が可能となります。

 

そして、乗車予定そのものが無くなってしまった等で払い戻しを希望する場合は、その有効期間内または前日で未使用の場合に限り、220円の払い戻し手数料がかかりますが可能となっています。

 

東北新幹線の割引料金

 

新幹線の早割きっぷ情報はコチラ

スポンサードリンク

 






土日だけのお得な旅きっぷ「週末パス」 | 東北新幹線関連ページ

東北新幹線のWきっぷ
東北新幹線で使える回数券としては、「新幹線Wきっぷ」が便利でお得です。新幹線Wきっぷは普通車両の自由席のみの利用ですが、2枚綴りで有効期限は1ヶ月ですので、使いやすさなどの点でも人気があります。
トクだ値
東北新幹線のお得なネット割と言えば「トクだ値」がおすすめです。トクだ値は片道の乗車券及び指定席特急券がセットで割引きになるのでとってもお得!
割引き特急券モバトク
モバトクは、モバイルSuicaで利用できる割引き特急券で、東北新幹線はもちろんJR東日本の各新幹線でご利用いただけます。さらにお得な割引き率が適用になるスーパーモバトクもおすすめです。






商品券販売センター






スポンサードリンク