東北新幹線 ネット割 トクだ値





スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

東北新幹線のネット割「トクだ値」がお得!

東北新幹線の切符をネットで申し込めば、ネット割引き「トクだ値」が利用できます。

 

トクだ値で東北新幹線を利用する場合、片道の「乗車券+指定席特急券」がセットで割引きになります。

 

トクだ値を利用するためには、JR東日本のWEBサイト「えきねっと」の会員登録が必要です。

 

東北新幹線をはじめJR東日本の各新幹線がお得になるネット割「トクだ値」の特徴及びご利用方法についてご説明します。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

トクだ値の特徴

 

東北新幹線をはじめとするJR東日本の新幹線や特急列車のインターネットでの限定予約の切符が「えきねっとトクだ値」です。

 

この切符は乗車券と指定席特急券がセットになった切符で、列車・席数・区間限定で申し込みをします。

 

インターネット限定のきっぷですので、通常の窓口や発券機では購入できません。

 

この「トクだ値」の割引率は列車や区間によって一概には言えませんが、5%〜最大35%の割引となりますので、とてもお得だといえます。

 

そして、混雑時期(年末年始・お盆・大型連休期間等)にも使えるので、時期を選ばず利用できるのが最大のポイントです。

 

東北新幹線,ネット割,トクだ値

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

トクだ値の早割「お先にトクだ値」

 

トクだ値に早割りの要素が加わった「お先にトクだ値」もあります。

 

「お先にトクだ値」は乗車日13日前の午前1時40分までの申し込みで、さらに割引率が高くなります。

 

例えば、東北新幹線の東京〜新青森間(はやぶさ)を通常価格で乗車券と特急券を購入した場合は17,350円です。

 

これが、「お先にトクだ値」で購入すると13,010円となり、4,340円もお得になります。

 

また、1回の申し込みで最大6名分まで申し込みができるので(大人・子供と合わせて)、家族旅行や友人との旅行でも十分に使えますね。

 

気を付けたいのは、乗り遅れた場合はチケットの変更・払い戻しは不可能で無効となってしまうので、遅刻だけはしないようにしましょう。

 

 

 

東北新幹線で「トクだ値」を利用する方法

 

東北新幹線で「トクだ値」を利用する場合は、事前にえきねっとの会員に登録する必要があります。

 

また、きっぷの予約申し込みの際にはクレジットカードの登録が必要となりますので、お手元にカードのご用意を忘れずに。

 

会員登録が済んだらログインして、えきねっと「トクだ値」を申し込めば完了となります。
とても簡単ですよね。

 

インターネットでの予約完了後は、JR東日本の券売機で東北新幹線のチケットを受け取ることができます。

 

東北新幹線,ネット割,トクだ値

 

 

東北新幹線の料金が割引になるうえ、さらに窓口に並ぶ必要もありませんので、便利でお得です。

 

チケットをお受け取りの際には、申し込みの時に登録したクレジットカードと予約番号が必要となりますのでお忘れなく。

 

このえきネットの会員登録は無料ですので、すぐに「トクだ値」を利用する予定がない人でも、登録しておいてもいいかもしれませんね。

 

JR各新幹線の割引料金情報

スポンサードリンク

 






東北新幹線のネット割・トクだ値 | 東北新幹線関連ページ

東北新幹線のWきっぷ
東北新幹線で使える回数券としては、「新幹線Wきっぷ」が便利でお得です。新幹線Wきっぷは普通車両の自由席のみの利用ですが、2枚綴りで有効期限は1ヶ月ですので、使いやすさなどの点でも人気があります。
東北新幹線の週末パス
東北新幹線で土曜・休日に仙台や山形から東京の区間を利用するなら「週末パス」がお得です。しかも週末パスなら、割引き料金が適用になるだけでなく、首都圏のフリーエリア内でJRの乗り降りが自由ですから東京都内の移動にも大変便利です。
割引き特急券モバトク
モバトクは、モバイルSuicaで利用できる割引き特急券で、東北新幹線はもちろんJR東日本の各新幹線でご利用いただけます。さらにお得な割引き率が適用になるスーパーモバトクもおすすめです。






商品券販売センター






スポンサードリンク