スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

新幹線の区間別「早割・早得」情報

新幹線の早割・早得・特割等の切符には様々な種類があります。

 

早割や早得などの切符は、割引率が高く、上手に利用すればかなりお得なのですが、それぞれ利用条件や制限などをチェックしておかなければなりません。

 

例えば、新幹線を往復で利用することが条件になっている早割きっぷや、WEB予約で利用するタイプのもの、さらに区間や列車、座席数の制限などもあったりします。

 

また、早割の基本はその名の如く「早い時期に購入することによる割引」ということですが、その事前購入の期限についても設定がまちまちです。

 

新幹線,早割,早得

 

 

また、早割や早得によっては、乗車人数が条件に含まれるものや、利用区間が限定されている早割きっぷなどもあります。

 

切符を購入する前に前に、細かい利用条件などを確認する必要があり、ちょっと面倒ですよね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

ただ、基本的に、新幹線の早割や特割などを購入するタイミングとしては、行先(乗車区間)及び日程等が決まってからということになります。

 

つまり、新幹線の早割は乗車日や利用区間などの予定が決まってから、その条件に合ったものをセレクトするのが得策と言えます。

 

そんなわけで、手っ取り早く、新幹線の主な区間別に利用できる早割や早得きっぷをご案内します。

 

利用したい新幹線の区間について使える早割・早得きっぷがピンポイントに見つけられれば、とても便利ですよね。

 

新幹線,早割,早得

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

以下に、区間別の早割や早得きっぷの情報や、さらに他の割引サービスとの比較なども掲載していきます。

 

急な出張や旅行などで新幹線を利用することになった際に、ぜひ参考にしてください。

新幹線の区間別「早割・早得」情報 | 新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド記事一覧

新幹線の東京―大阪を利用するなら、早割を活用することをおすすめします。通常の東京―大阪の新幹線料金は、「のぞみ」の指定席が14,450円、「ひかり」「こだま」の指定席が14,140円となります。自由席を利用すると、「のぞみ」「ひかり」「こだま」ともに13,620円です。ところが、「こだま」にはJR東海ツアーズから販売されている「ぷらっとこだま」という格安プランがあり、これを利用すると10,500円...

東京から京都に新幹線で行くなら、早割を利用するのがおすすめです。早割は、予約を早めにすることで通常料金よりも安く購入できる、お得な割引きっぷです。東京−京都の区間では新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」が利用できます。乗車時間が短いのが「のぞみ」で、その分料金は高く、逆に乗車時間が一番長いのが「こだま」で、その分料金は安くなります。料金は、「のぞみ」普通車指定席13,910円、自由席13,080円...

新幹線で東京から名古屋の区間を乗車する際に利用できる早割きっぷのおすすめ情報です。東京−名古屋は利用客が多く、新幹線のきっぷも安いものが多く発売されています。そのため、金券ショップなどにもお得なきっぷが売られていることも多いです。しかし、金券ショップの場合は、確実に格安きっぷが置いてあるというわけではありませんので、タイミングが悪いと購入できない場合もあります。そこで、確実に切符を安く手に入るなら...

新幹線で東京〜広島を利用するなら、早割を利用するのがおすすめです。早割は、通常よりも早く予約をすることで料金が安くなる、お得な割引きっぷです。東京〜広島で利用する新幹線は、「のぞみ」「ひかり」「こだま」などがあります。この中で最も利用しやすいのは「のぞみ」でしょう。「のぞみ」の料金は、普通車自由席18,040円、普通車指定席19,080円です。東京〜広島の新幹線を安く利用するには、早割の他に回数券...

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク