スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

秋田新幹線の割引料金情報

秋田新幹線の割引料金には、JR東日本のウェブサイト「えきねっと」から申し込む早割きっぷの「えきねっとトクだ値」があります。

 

「えきねっとトクだ値」は、乗車日の一ヶ月前から当日の午前1時40分までに申し込むと10〜15%安くなる早割サービスで、秋田新幹線「こまち」の普通車で東京(〜大宮)⇔秋田と、仙台⇔秋田の区間が設定されています。

 

 

さらにお得な「お先にトクだ値」では、乗車日の1ヶ月前から13日前までに申し込みをすれば、30〜35%もお安く秋田新幹線「こまち」を利用できます。

 

どちらも普通車のみで、グリーン車の設定はありませんのでご注意ください。

 

スポンサードリンク

 

 

 

例えば通常期に、東京〜秋田で「お先にトクだ値35」を利用した場合、通常料金17,800円のところが11,550円となり、6,250円もお得になります。

 

「えきねっとトクだ値」には子供料金も設定されており、大人の半額となっていますので、お子さん連れの旅行にも大変おすすめです。

 

 

秋田新幹線は、片道で601キロ以上にならないため、往復割引は利用できません。

 

そのため、秋田新幹線を往復で利用するなら、「えきねっとトクだ値」を利用するのがお得だといえます。

 

または、6枚綴りの回数券なら東京〜秋田で82,080円ですから、1枚当たり13,600円となり、通常よりも4,000円程度はお安くなりますが、有効期限が3ヶ月で、子供の設定はありませんので注意が必要です。

 

ただし、この回数券は6枚綴りですから、往復で利用するなら3人旅行でも利用できますし、3ヶ月以内に3往復するならお得です。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

その他にも、JR東日本の「モバイルSuica」の会員でクレジットカードの登録あれば、「モバトク」や「スーパーモバトク」があります。

 

「モバトク」は乗車日の1ヶ月前から発車時刻の6分前まで、「スーパーモバトク」は1ヶ月前から前日までの予約で、お得になる割引サービスです。

 

「モバトク」はJR東日本の新幹線の全ての区間で利用できますが、「スーパーモバトク」は東京〜秋田、上野〜秋田、大宮〜秋田、東京〜大曲、上野〜大曲、大宮〜大曲の区間設定や列車・座席数の限定がありますし子供用の設定はありません。

 

東京〜秋田を「スーパーモバトク」で購入した場合、13,510円となりますので、回数券と同じくらいの料金で利用することができます。

 

JR各新幹線の割引料金情報

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク