スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

ひかり早特きっぷ(東海道・山陽新幹線)

東海道新幹線の「ひかり早特きっぷ」は2013年10月31日で廃止されました。

 

以下の情報は、「ひかり早特きっぷ」が廃止される以前の情報となりますのでご注意ください。

 

尚、ひかり早特きっぷに代わる、東海道新幹線の新たな割引きっぷが登場した際には、改めてお知らせします。

 

ひかり早特きっぷは、東海道・山陽新幹線で「ひかり号」を利用する際に、乗車の1カ月前から7日前までに予約することで割引が適用され、お得に新幹線を利用できます。

 

利用する新幹線は「ひかり」の普通車指定席限定で、片道専用のきっぷとなります。

 

 

もちろん、新幹線の旅をより快適に過ごしたい方にはグリーン車にグレードアップも可能です。

 

料金につきましては、例えば京都市内〜東京都区内で普通車指定席利用の場合、料金は11,500円となり通常の料金よりも約13%もお得になります。

 

さらに、グリーン車の場合は約21%もお得になります。

 

スポンサードリンク

 

 

 

東海道・山陽新幹線「のぞみ」や「みずほ」をご利用の際には、ひかり早特きっぷは使えません。

 

利用期間は通年ですので、いつでも「ひかり」を利用する際にはこのきっぷを利用することができます。

 

ただし、列車ごとに座席数に限りがありますので、早めに予約することをおすすめします。

 

ひかり早特きっぷは、指定した「ひかり」の普通車指定席、またはグリーン車指定席のみ乗車できるのですが、もし乗り遅れた場合には当日後続の「ひかり」「こだま」「さくら」の普通車自由席に限り乗車できます。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

また、購入後は区間や列車、日時の変更はできず、途中下車などもできません。

 

予約・購入は、JR東日本管内の首都圏エリアの主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、主な旅行会社などで取り扱っています。

 

クレジットカードをお持ちの方は、電話からでも予約できます。

 

電話予約なら、わざわざ窓口に出かける必要もなく便利です。

 

ぜひ、新幹線「ひかり」をご利用の際には、お得なひかり早特きっぷを利用してみてはいかがでしょうか。

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク