スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

東京往復スーパー早特きっぷ

東京往復スーパー早特きっぷは、新幹線のぞみ号で山陽新幹線(岡山〜新山口)の各駅から東京・横浜間の往復に適用されるお得なきっぷです。

 

発売期間は行きの乗車日21日前から14日前までとなり、有効期間は3日間ですので、出張や冠婚葬祭、またコンサートなどのイベントなどにも便利です。

 

例えば岡山〜東京・横浜で普通車利用の場合、往復24,000円で差額は7,680円となり約25%割引、グリーン車用では往復32,000円で差額は11,260円となり約26%割引と、大変お得です。

 

東京往復スーパー早特きっぷのしかも、全てののぞみ号で利用できますからスケジュールが立てやすく、使用する座席は普通車指定席ですから乗車時間前から並ぶこともなく帰りも安心です。

 

もちろん、ちょっといい旅をしたい方はグリーン車に変更することもできます。

 

その際、普通車でしたら子ども料金は大人の半額になりますが、グリーン車には子ども料金の設定がありませんので、お子様連れの方は注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

さらに、このきっぷの予約には座席数に限りがあります。

 

他の車両が空いていても、東京往復スーパー早特きっぷが満席の場合には予約できませんので、早めの予約をおすすめします。

 

 

きっぷの予約・購入は、電話や乗車する駅周辺のみどりの窓口、または主な旅行会社から可能です。

 

インターネットからの予約はできません。

 

発売期間がわからない場合は、「JRおでかけネット」のサイト上に「発売カレンダー」が掲載されていますので、そちらでご確認ください。

 

 

また、不明な点がありましたら同じサイト内に問い合わせ先電話番号がありますので、そちらに電話してみるといいでしょう。

 

 

東京から山陽新幹線をのぞみで往復することがありましたら、ぜひ一度こちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

新幹線「早割切符」ご利用情報

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

 

「東京往復スーパー早特きっぷ」まとめ

「東京往復スーパー早特きっぷ」を利用した場合の、主要区間通常料金との比較及び、ご利用のポイント等をまとめました。

 

東京往復スーパー早特きっぷを初めてご利用される方は、ぜひ参考にして下さい。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

主要駅の区間料金比較

岡山〜東京都区内を「のぞみ」普通車指定席の往復利用した場合、通常の往復割引適用の料金(往復)が32,580円となり、一方、東京往復スーパー早得きっぷでは往復26,500円ですのでその差は6,080円。

 

同じように、広島市内〜東京都区内を「のぞみ」普通車指定席で往復利用した場合は往復で35,820円、東京往復スーパー早得きっぷでは往復28,500円ですからそのお得額は7,320円となり、つまり約20%引きとなります。

 

 

東京都区内までの往復ではなく横浜市内までとみると、岡山〜横浜市内が往復31,980円で、東京往復スーパー早得きっぷでは往復26,500円でお得額は5,480円です。

 

広島市内〜横浜市内では35,240円が28,500円となりますので、こちらは6,740円のお得となります。

 

 

東京往復スーパー早特きっぷの特徴とポイント

この東京往復スーパー早得きっぷは、山陽新幹線「のぞみ」の普通車指定席で、岡山〜新山口間の各駅から東京・横浜への往復がお得になる切符です。
予約は利用開始(乗車)日の21日前から14日前までで、有効期間は3日間。

 

つまり、乗車予約した日から3日以内に往復しなければなりません。

 

 

また、これだけお得でありますが、残念なことにこの切符は東京発・横浜発での設定はなく、岡山や広島方面から東京・横浜までの往復切符となっています。
そして学割などの他の割引は適用されませんが、こども料金の設定があり、それはおとな料金の半額となります。

 

ただし、グリーン車においてはこども料金の設定はありません。

 

 

販売箇所は出発地周辺の主なJR駅窓口で販売しており、インターネットでの販売はありません。

 

そして販売席数には限りがありますので、岡山や広島方面から東京・横浜へ往復での日程が決まっているのであれば、早めに予約をしておいた方がいいといえます。

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク