スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

モバトクとスーパーモバトク

モバトク及びスーパーモバトクとは、JR東日本のチケットレスサービス「モバイルSuica」によるお得な早割きっぷです。

 

「モバイルSuica」による新幹線の予約は、「モバイルSuica特急券(通称:モバトク)」と、それよりもさらにお得な値段で新幹線が利用できる「スーパーモバイルSuica特急券(通称:スーパーモバトク)」の2種類があります。

 

「モバトク」では特に区間の設定はありませんが、「スーパーモバトク」には一部の区間・列車の設定があるため、利用したい区間が利用できるかどうか確認が必要です。

 

そして、「モバトク」と「スーパーモバトク」は通常の早割きっぷとは形態が少し異なります。

 

モバトクとスーパーモバトクは、パソコンや携帯電話を使って「モバイルSuica」の専用WEBサイトから新幹線のチケットを購入します。

 

WEBサイトから購入することで紙のチケットを受け取る必要がありません。

 

そのため携帯端末のみで新幹線に乗ることができるという、面倒なことを省いたサービスなのです。

 

モバトクとスーパーモバトクは、北海道新幹線をはじめ、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線で利用できます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

まずは「モバイルSuica」会員登録が必要

 

「モバトク」や「スーパーモバトク」を利用するには、先ずは「モバイルSuica」の会員登録をしておく必要があります。

 

スーパーモバトク,早割り

 

登録は携帯端末から、「モバイルSuica」のアプリにアクセスしてパスワードやクレジットカード番号などを入力し、画面に沿って手続きをするだけで簡単にできます。

 

「モバイルSuica」会員は、もちろん年会費などは無料です。

 

予め登録だけでもしておくといつでも使えて便利です。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

 

スーパーモバトクご利用の流れ

 

購入方法は携帯端末から可能で、「モバトク」は乗車1ヶ月前の10時から発車時刻の6分前まで、「スーパーモバトク」は利用前日の23:40までが購入可能となっています。

 

また、「モバトク」では通常の予約に先立ち、乗車日の1ヶ月前発売日よりもさらに1週間前(同曜日)から乗車日1ヶ月前までの間で事前予約をすることができますので、年末年始などの予約が取りにくい時期には大変有利になります。

 

スーパーモバトク,早割り

 

購入したチケットの利用方法ですが、利用する際には携帯端末での受取り操作が必要になります。

 

受取りの仕組みは、新幹線の予約が確定しチケットが取れたとなると、まずそのチケットがモバイルSuicaのサーバーに入ります。

 

そしてサーバーから携帯端末に送る操作をして、チケットを受取るというわけです。

 

この操作は5時〜翌日の0時50分の間に可能ですので、乗車前に必ず行っておきましょう。

 

また、複数のチケットを購入している場合でも、携帯電話に送られるチケットは1枚のみとなります。

 

もし、間違えてチケットを携帯端末に送ってしまっても、それをセンターに戻して、正しいチケットを受取ることもできますのでご安心ください。

 

 

 

 

モバトクは早割きっぷなのに変更可能

 

モバトクと一般的な早割きっぷとの大きな違いは、予約後の変更ができるというところです。

 

早割の多くの場合は、予約後に新幹線の変更をすることができません。

 

ところが、モバトクで購入した早割りきっぷは、初回購入日から3ヶ月以内でしたら手数料なしで何度でも変更することができます。

 

そのため、特に予定の変更が予想される場合などは、普通の早割りよりもモバトクを利用する方が安心です。

 

また、モバトクは未使用の場合に限り払い戻しもできます。

 

「モバトク」では1枚につき310円の手数料がかかり、「スーパーモバトク」の場合は区間により手数料が異なりますのでご注意ください。

 

スーパーモバトク,早割り

 

 

モバトクは便利で料金もお得

 

「モバトク」や「スーパーモバトク」は、料金が大変お得です。

 

例えば、東京〜仙台を利用した場合、通常のきっぷを購入すると10,890円かかります。

 

これが、「モバトク」では9,970円、「スーパーモバトク」では8,960円と格安となっています。

 

携帯端末からいつでもどこでも新幹線のチケットを購入ができる、「モバトク」と「スーパーモバトク」は新幹線利用者には大変お得で便利なサービスです。

 

北海道新幹線をはじめ、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線をご利用の際には、ぜひご利用してください。

 

 

新幹線「早割切符」ご利用情報

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク