スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

新幹線自由席用早特往復きっぷのお得なご利用法

新幹線自由席用早特往復きっぷは、東海道新幹線(のぞみ・ひかり・こだま)の自由席で、名古屋〜大阪の区間を乗車する際に利用できる往復の早割りチケットです。

 

切符は乗車日の1ヶ月前から7日前までに購入すれば割引きが適用になりますので、事前に東海道新幹線で、名古屋〜大阪の区間を往復で乗車される予定が決まっている場合は、かなりお得な料金でご利用いただけます。

 

現在、名古屋〜大阪間を安く利用するならJR東海ツアーズの「ぷらっとこだまエコノミープラン」が人気ですが、これですと「こだま」しか利用することができません。

 

その点、この「新幹線自由席用早特往復きっぷ」なら「のぞみ」にも利用することができますので、大変便利でお得といえます。

 

また、片道での利用はできず往復のみで有効期間が3日間となりますので、長期の旅行には向いていませんが、2泊3日という最も計画しやすい旅行にはとても利用しやすい便利なきっぷです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

新幹線自由席用早特往復きっぷの特徴

 

「新幹線自由席用早特往復きっぷ」は、名古屋〜大阪間の「のぞみ・ひかり・こだま」の普通車自由席に利用できます。

 

有効期間は3日間の往復きっぷです。

 

インターネットなどでの申し込みはできず、出発駅やその周辺の主な駅や旅行会社で直接購入する必要があります。

 

なお、早割りチケットのため、当日購入はできません。

 

購入期間は乗車日の1ヶ月前から1週間前となります。

 

利用期間は通年ですので、年末年始やゴールデンウィーク、お盆時期にも利用できます。

 

 

割引き率

 

「新幹線自由席用早特往復きっぷ」の名古屋〜大阪間の料金は、9,150円です。

 

通常の新幹線自由席の料金が11,660円ですから、2,510円お得になり、割引率は21.5%となっています。

 

 

ご利用の注意点

  • 普通車自由席のみ利用できますので、混雑時の座席の確保はできません。
  • 乗車後、普通車指定席やグリーン車に座った際にはこのきっぷは全て無効となり、その分の料金を支払わなければなりません。
  • 有効期間は3日間ですので、3日以内に往復しなければなりません。
  • こども用の設定はなく、大人のみ利用できます。
  • きっぷ購入後の変更は一切できません。

※乗車前で未使用の場合に限り、販売箇所で払い戻しができますが、手数料がかかりますので注意しましょう。

 

※また、販売箇所は駅や旅行会社となっていますが、営業時間内に限りますのであらかじめ営業時間の確認をしておくことをおすすめします。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

 

新幹線自由席用早特往復きっぷの利用法

 

「新幹線自由席用早特往復きっぷ」は座席に限りがあり、さらに有効期間は3日間しかありません。

 

ですので、2泊3日の旅行には最適なのですが、一泊2日の旅行にも便利です。

 

例えば、行きが10月の1日で2日に帰って来る場合、駅窓口に購入しに行き、その時点で1日がいっぱいで購入できなかったとします。

 

その際には、9月30日発のきっぷを購入すれば、1日に行って2日に帰って来ることができるのです。

 

ただし、購入期限が1週間前ですので、このような買い方をするには乗車予定日の1日前の1週間前が購入期限となることを考慮しなければなりません。

 

 

購入方法

 

乗車日の1ヶ月前から1週間前までに購入する必要があります。

 

購入方法は、インターネットなどではできず、出発駅やその周辺の主な駅の窓口、または旅行会社へ直接申し込・購入します。

 

また、駅窓口や旅行会社の営業時間内にしか購入できませんので、事前に確認しておきましょう。

 

 

ご利用条件

  • 利用期間は通年ですので、年末年始やゴールデンウィーク、お盆時期にも利用できます。
  • 販売期間は通年で、購入期間は乗車日の1ヶ月前の駅窓口や旅行会社の営業開始時から1週間前の営業終了時までです。
  • 有効期間は3日間となります。
  • 新幹線普通車自由席にのみ乗車可能です。
  • きっぷ購入後の変更は一切できません。
  • こども料金の設定はなく、1枚のきっぷでこども2名の利用はできません。
  • 有効期間開始前または期間内の未使用の場合に限り、払い戻しはできますが手数料がかかります。

 

新幹線「早割切符」ご利用情報

 

新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド TOP

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク