スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏

山形新幹線の割引料金

山形新幹線には、いくつかの割引料金があり、JR東日本のウェブサイト「えきねっと」などのお得なサービスも利用できます。

 

特に山形新幹線では、JR東日本のウェブサイトのえきねっとから申し込めば、ネット割引きが適用される他、早割りサービス「えきねっとトクだ値」なども利用できますのでおすすめです。

 

 

「えきねっとトクだ値」は、乗車日の1ヶ月前から当日の午前1時40分までに申し込むと10〜15%安くなる早割サービスで、山形新幹線「つばさ」の普通車で東京(大宮)〜米沢(新庄)の列車が対象になっています。

 

さらにお得な「お先にトクだ値」では、乗車日の1ヶ月前から13日前までに申し込みをすれば、30〜35%もお安く新幹線「つばさ」を利用できます。

 

どちらも普通車のみで、グリーン車の設定はありませんのでご注意ください。

 

例えば通常期で、東京〜山形で「つばさ」の普通車指定席を利用したとすると、通常料金は11,340円になりますが、トクだ値15を利用した場合では9,630円になります。

 

さらに、13日前までのお先にトクだ値35を利用した場合では7,370円と、3,970円もお得に利用することができるのです。

 

もちろん、子供料金は大人の半額となっていますので、こどものいる家族旅行にもお得です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

山形新幹線の各種お得なサービス

 

山形新幹線をご利用の際には、上記のような「ネット割」や「早割り」のご利用が一般的ですが、その他にも各種お得な割引きサービスがあります。

 

山形新幹線に乗車される際には、目的や状況等に応じて各種割引きサービスもチェックしましょう。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

往復利用は「えきねっとトクだ値」がお得

 

往復割引は片道601営業キロなければ利用できないため、山形新幹線では往復割引は使えません。

 

そのため、往復で山形新幹線を利用するなら、やはり「えきねっとトクだ値」を利用するか、3カ月以内に東京〜山形を3往復または3人での旅行なら6枚綴りの回数券を利用するのが一般的です。

 

 

回数券のご利用について

 

一定の区間を繰り返し利用される場合は、6枚綴りの回数券も利用できます。

 

ただ、山形新幹線で回数券を利用する場合、1枚当たりの料金は、それほど大きな割引は期待できません。

 

 

モバイルSuicaの「モバトク」

 

JR東日本の「モバイルSuica」の会員でクレジットカードの登録をされていれば、「モバトク」や「スーパーモバトク」などもあります。

 

「モバトク」は乗車日の1ヶ月前から発車時刻の6分前まで、「スーパーモバトク」は1ヶ月前から前日までの予約で、お得になる割引サービスです。

 

「モバトク」はJR東日本の新幹線の全ての区間で利用できますが、「スーパーモバトク」は東京〜山形、上野〜山形、大宮〜山形の区間設定や列車・座席数の限定がありますし子供用の設定はありません。

 

区間によって割引率は異なりますが、「スーパーモバトク」で東京〜山形の場合は9,550円で約16%の割引率となっています。

 

JR各新幹線の割引料金情報

スポンサードリンク

 












商品券販売センター






スポンサードリンク